採用情報
エントリー
キャリア
ファッションアドバイザー
トップメッセージ
OBメッセージ
 


 服が好きで、服に関わる仕事がしたいと思って就活を始めました。中でも人と接することが向いていると思っていたので、営業職を志望していました。 ファッションヤマグチは、説明会の時から「自由な社風」を感じていました。説明会に来ている先輩方は、みんなラフで自由な服装。若手社員と言われる人も、人事の前でのびのび話をしていて驚きました。 選考中は人事の他にも3名ぐらいの人と話をしましたが、みんな私の話を親身になって聞いてくれていて、こういう会社で働けたらいいなと思い、入社を決めました。

 
 入社してもうすぐ1年になりますが、毎日が新しい発見の連続です。 例えば、自分で「これが正しい」と思ってやったことも、先輩に聞くともっといいやり方があったりします。先輩の話に「そんなこと考えもしなかったな」と思うと、まだまだ勉強しなければいけないこと満載だと感じます。 私が所属しているVOGU事業部は、メインターゲットが60〜70代と高めの年齢層です。今は30件ほどのお客様を担当していますが、お店の方も60代以上の方が多いです。前任者からお客様を引き継いだばかりの頃は、仕事にも慣れていない上、世代の違うお客様と何を話していいかわからないし、お客様からもあまり話してもらえなくて、正直「早く帰りたい」と思うこともよくありました(笑) でも、何度も通ううちにだんだん話が盛り上がるようになって、最近はどんどん楽しくなっています。お客様から直接褒めて頂いたことはありませんが、前任の先輩を通じて「お客様が、松岡さんが最近いい提案をしてくれると言ってたよ」と聞いたときは、本当に嬉しかったです。

 
 新入社員だった今年は、まずお客様に顔を覚えてもらう段階だったと思います。2年目は、もっとお客様と親しくなって、より関係を深めていきたいと思っています。年齢が高いオーナー様が多いので、服のことだけでなく、例えば生き方や考え方などについて話してくださることも多く、そういう話を聞くのが楽しいです。初心を忘れず、いつまでもお客様に可愛がってもらえるように心がけています。 最近気づいた変化なのですが、お客様から「これが欲しい」と注文を受けることから「こういう雰囲気のものが欲しいんだけど、どう?」と相談してもらえることが増えて来ました。今後は、お客様の好みなどをより明確に把握して、先輩が仕入れに行くときに、こういう商品を入れて欲しいという希望を出せるようになりたいと思います。商品を選ぶ力と売る力を身につけて、もっと頑張っていきたいです。




 
山口大貴